本日のお仕事

護符沙汰しております。久々の投稿になります(^-^;


今日は仏具の納品に伺いました。

今回のお客様は、福井ホームセレモニー様で葬儀をあげられた方で

そのご縁でお仕事させていただきました。




福井ホームセレモニー様は、自宅で葬儀をすることに特化した葬儀屋さんです。

(自宅葬だけではありませんので詳しくはホームページをご覧ください)

お客様は、自宅葬に大変満足されていた御様子で、福井ホームセレモニー 代表の長谷川さんにも

とても感謝していらっしゃいました。


「大きな葬儀はお金もかかるし」

「葬儀をあげるなら、家族だけで大げさにはしたくない」

と考えていらっしゃる方は、

ぜひ福井ホームセレモニー 長谷川さんに問い合わせてみてください! 親身になってお話を聞いてくれますよ!


 福井ホームセレモニー

  〒918-8112 福井県福井市下馬1丁目2110-3

 電話   0776-92-0662  

 直通番号 090-9440-5600 

 mail fukuihomeceremony@gmail.com

 web https://www.fukui-jitakusou.com/

 line https://line.me/ti/p/aoyXB49FDH

 YouTube 福井 自宅葬・家族葬チャンネル

 認定資格 厚生労働省認定 1級葬祭ディレクター


ぜひお問い合わせください!


それで今回、私がお仕事させていただいたのは


こちらの三つ具足(花立・ローソク立て・香炉)と、仏器(ご飯を供える仏具)です。

お仏壇は伝統的な唐木仏壇ですが、今回の仏具はモダン仏具を飾らせていただきました。

全体的に見ても、思っていた以上にお仏壇に溶け込み、とても素敵な荘厳になりました。


唐木仏壇にピンクがアクセントとなって明るい雰囲気になりましたよね(^-^)

通常、唐木仏壇に飾る仏具は黒か金色ですが、

今回お仕事させていただき、また一つ勉強になりました!


それと「過去帳」も納めさせていただきました。


過去帳をご存じない方もおられると思いますので…

過去帳とは、その家々の故人の名前、法名、没年月日、死亡年令などの情報を記入した各家庭の系譜です。

本来、浄土真宗では位牌を飾らず、過去帳をお仏壇に供えます。

ただ、私も30年近く仏壇の仕事をさせていただいてますが、真宗王国福井のご家庭でも

80%~90%は過去帳ではなく、位牌を飾っています。

位牌は絶対いけないということではないと思うのですが、浄土真宗では過去帳が正式です。


この過去帳も、花弁が可愛らしく、台の色もお仏壇と合っていますね!

これから先、こちらのご家庭の歴史をしたためていかれると思うと

わたしも携わらせていただき、とてもありがたい仕事をさせていただいていると思います。

感謝でございます。


このようなご縁を大切に、今後も仏事に関わるお仕事を、一つ一つ感謝の気持ちでしていこうと

今日あらためて思いました。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


本田仏閣堂 本田浩章



ピックアップ
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
〒910−0003 福井県福井市松本3丁目5−1
rogo.png