お仏壇の釘

お仏壇の組み立てには、釘はあまり使いませんが(地域差もあります)

扉・障子(内扉)・金具の取り付けには、大量の釘を使います。

そのほとんどが「真鍮釘」を使用しております。

「真鍮釘」は概観が美しい金色をしており、装飾用に使われる事が多い釘です。

またステンレスのように水に強いのも特徴の一つです。

ただ真鍮は、空気中の酸素で酸化されやすく、永年の使用で

だんだん黒ずんでいきます。。

上の写真の釘は、もう真っ黒ですね^^;

お仏壇を買った時、リフォームした時は金色だったのに~

というお家も多いのではないでしょうか。

当店で使用している釘は、すべて金メッキ加工しております!

当店の釘の金メッキ加工法は

メッキは元々、素地が鏡面であればある程、輝きますので~

先ずは、釘に付いている油分等をアルカリ性の薬品で除去し、真鍮釘用のオリジナルな配合で薬品を作り、

その薬品に漬けて光沢を出します。

鋲を小分けにして銀メッキを付けてから、金メッキを施します。

銀メッキをする理由は、最終行程で金メッキの発色が良くなる為に行います。

よ~く乾燥して完成となります。

このように手間暇かけて作られた釘を使い、お仏壇の組み立てを行っております。

お客様のお仏壇が、いつまでも綺麗に輝いてくださるように。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

それでは。

タグ:

ピックアップ
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
〒910−0003 福井県福井市松本3丁目5−1
rogo.png

© 2015 by HONDA BUKKAKUDO

  • w-facebook